霰の制作日誌

冒険に憧れる、居酒屋好きな小説家志望のブログ

残念だったな!

 

私の一週間は今日で

 

f:id:M_arare490:20210802011026j:plain

 

終わりだ!(CV:杉田智和さん)

 

……もう昨日ですがね。力尽きて寝ていた霰です。

ブログ書いていなかったことに気付いて慌てて起き出し、仕事中に思いついていたネタをやるために寝起きでシャドバを開き、対戦相手を見事瞬殺しました(上の写真の状態になると、間違ってサレンダーしない限り勝ちが確定します)。

 

何はともかく、月曜日になりましたね。

大体の人は休日を終え仕事でしょうが、私の一週間は日曜日で終わり。

みんなが働いている間に私は寝て書きます。

のっけから風邪をひき、先輩たちにイラつかされ、言葉の壁がある相方に悪戦苦闘しながらもなんとか長い一週間が終わりました。お疲れ自分。

 

それにしても、言葉の壁に日曜日。

何となく旧約聖書の創世記っぽいですね(バベルの塔の話ってこの辺で合ってただろうか)。

私はキリスト教徒ではありませんが、親類の影響で現代キリシタンの知り合いが多いです。

子供の頃は入信させようと一生懸命口説かれましたが、十年来に渡って突っぱね続けた結果やっと諦めてもらえました。

……まぁ、知っているとそこまで悪いものでもないんですがね、そういう集まりも。

宗教と聞くと昨今の報道のせいでいい印象を抱かない方も多いと思いますが、教会には現代で失われかけた町内コミュニティ的な横の繋がりがあります。

元来、相互扶助を謳った教えなので、例えば関係者が結婚した時はみんなで祝うし、子供が生まれれば全員で認知して保護したり、先輩ママからの補助やアドバイスがいただけたりもするので、近所付き合いが煩わしくないという人はちょっと教会を訪ねてみるのもいいかもしれませんね。

 

それでも知り合いは未だいるので、私が安息日キリスト教ユダヤ教における日曜日の呼び方)に働くのは多分あんまりいい顔されてません。

まぁ確かに、皆で決まった日にしっかり休むっていうのはメリハリがあっていいんでしょうし、

「私が働いてるのにあいつ休んでる……」

みたいな軋轢も避けられるので理に適っているんでしょうね。現代社会でそれを順守するのは非情に難しいですが。

何はともあれ、働くときは働く、休むときは休む、遊ぶときは遊ぶ、みたいに行動を迷いなく定めるのは大事なのでしょう。

ずっと働きっぱなしっていうのも、それはそれでだらしないですからね。

 

残念ながら朝から予定がありますが、それが終わったら一日ゆっくりしていようかな。

書き物を休むわけにはいかないけど、どうするかは温泉にでも浸かりながらゆっくり考えるのでいいでしょう。

 

あくまで仕事は生きるため。

それで命を脅かされては全くもって無意味なので、結局ほどほどが良いのでしょう。

とにかく一週間お疲れさまでした。

読者の方々も、あまり仕事でご無理なされませんように。

 

 

 

作品はこちら

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

歩く塔のアン (syosetu.com)

 

今日からTwitterアカウントも張っておきます。

フォロー宜しく!

twitter.com