霰の制作日誌

冒険に憧れる、居酒屋好きな小説家志望のブログ

小話 ジンギスカンを焼きながら思い出す地元史

 

親戚が揃ったので今日の食事は焼肉と相なりました。霰です。

 

f:id:M_arare490:20210920155921j:plain

 

道民は何かあるとすぐに炭を焼く……みたいなイメージが本州以南の人の中にはあるようですが、ぶっちゃけそんなに間違ってません。

三年前の大地震の時も私が住んでいるエリアは停電になりましたが、その時も周りにBBQしている人はそこそこいました(冷蔵庫が止まったので駄目になりそうな肉類を処理するためです。一応合理的です)。

で、北海道の焼肉と言えばジンギスカンが有名だと思いますが、名物になるということはつまり量がとれたということです。

私の地元の札幌付近では先の大戦中、軍服を作るために羊毛を大量生産していたらしいです。要するに羊が沢山いたんですね。

衣料不足が背景にあったそうですが、生産のために増えた羊を処理するために食べる事を考えた結果が現在のジンギスカン文化だと、以前働いていた場所で聞いたことがあります。

 

現在Ⅲクロ世界は食べ物の確保が大変な荒野・砂漠地帯で物語が展開していますが、私がお話の世界観を構築するときはまず食べるものから考えます。

サリアがラクダを狩ったりして食いつないでいましたが、ラクダ肉はアラブ地方では割とメジャーな食肉らしいですね(食べた事ないけど)。

『騎士団』のモデルのモンゴル帝国なんかは、馬乳酒とか独自の文化もあったようです。

どうせスマホ見ながらご飯を食べるなら、食材の由来なんかを調べながら食べると勉強になるし楽しいかもしれませんね、という話でした。

 

 

 

作品はこちら

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

歩く塔のアン (syosetu.com)

 

Twitterはこちら

twitter.com

気まぐれ制作日誌 Ⅲクロ オグマ編

 

たとえ臥せていてもネタを自家発電できるのが話書きの良い所。霰です。

と、いうわけで今回はⅢクロの人物紹介。

一応このブログは自作品の宣伝も目的に含まれるので、今後もこんな感じで週一ペースくらいで作品紹介をしていきたいと思います。

 

それはともかく、今回の主役はオグマさん。

現在連載中の『双子姫』編のキーパーソンの一人であり、ラスボスキャラ……っぽい人です。

まだ本編は結末まで至っていないので彼の今後は未知数ですが、語れる範囲で語っていきたいと思います。

本シリーズは特性上、現在連載中のところまでⅢクロ本編のネタバレを含みます。

その上で興味を持っていただけたなら、ぜひご一読を!

 

では本題。

 

オグマ

境界を荒らしまわる盗賊集団『騎士団』。

その首魁であり、かつては王国南方領の領主だった歴戦の戦士にして現騎士団長です。

騎士団なのに盗賊? と未読の方は思うかもしれませんが、軍隊なんて蓋を開ければ国家規模での強盗集団みたいなものです

要するに乗した戦だから騎士という、単純な解釈でそう呼ばれているのがⅢクロの『騎士団』となります。この飾らなさが彼らの特徴ですね。

彼らの前身は遊牧民の集団。

家畜としての馬を騎馬として利用した、現実で言うとモンゴル帝国みたいな勢力でした。

その長だったオグマさんは領主時代も野心家であり、王国の覇権を握っていた中央領に反旗を翻して自らの勢力を人間の頂点に導こうとします。

が、結託していた王国西方領の裏切りに遭い失敗。

境界に逃れたオグマさんは二十年間雌伏しながら、厳しい環境で少しずつ戦力を蓄え再起を志していました。

 

大目的……南方領への帰還・『騎士団』の完全復活

小目的……戦力の拡大(メイアと『解放軍』によって頓挫)・ソレルの捜索

 

境界は南方領と同じく荒野と砂漠が広がる乾燥地帯。

当然に作物にも狩りの獲物にも乏しく、王国に帰ろうにも食料や装備の確保は絶望的でした。

そこで、オグマさん率いる『騎士団』はオアシスを有するこの地の開拓者や、魔族のコロニーを襲って略奪を繰り返します。

また、自分と同じく王国から流れてきた人間を団員に迎え、少しずつ戦力を整えていました。

ですが、略奪された側の人間は当然『騎士団』に恨みを抱き、彼らの手によって『解放軍』という反抗勢力が立ち上がります。

当たり前のことですが、一つの武装勢力とその被害者ほぼすべての戦いです。数の上では後者が圧倒的に優位であり、徐々に『騎士団』は劣勢に陥っていきます。

そんな時、食料目当てに勇者がいる開拓地を襲ったことが彼の運命の転機となりました。

 

この世界の勇者は全員、人智を遥かに超えた強大な力を持っています。

妹勇者のソレルはサリアや母親たちと共に逃げ出しますが、家に残され追い詰められた姉勇者メイアは恐怖から癇癪を起し……。

と、言った流れで、勇者の逆鱗に触れたオグマ一行はメイアの怪力にねじ伏せられ、そこから本編に続くのです。

盛大にやっつけられたオグマさんたちは、しかし成り行きからメイアと行動を共にすることになります。

二人の出会いは彼自身だけでなく、勇者たちの運命にも大きな転換を生むことになります。プロットを超えて。

 

メイア共々、中々扱いが難儀なキャラクターですが、頑張って続きを書くのでお楽しみに!

 

 

 

前回:気まぐれ制作日誌 Ⅲクロ メイア編 - 霰の制作日誌 (hatenablog.com)

 

作品はこちら

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

歩く塔のアン (syosetu.com)

 

Twitterはこちら

twitter.com

小話 行きつけの店の名物に思うこと

 

作業場のネカフェでトルコライスを頂きました。霰です(写真は過去のものです)。

 

f:id:M_arare490:20210918190113j:plain

 

で、昨日のジャーマンポテト↓にも通じる話なんですが、これ別にトルコ料理じゃなくて長崎の名物なんだとか。

ジャーマンポテトを炒めながら考える世界 - 霰の制作日誌 (hatenablog.com)

トルコライスなのにトルコに無いんかい! とかは当然思いましたが、まぁ、メインの具材がトンカツですからね。

トルコはイスラム教圏らしいのであまり豚は食べないだろうし、冷静に考えたらさもありなんってところかなぁ、と思いました。なんでこんな名前にしたんだよ命名者。

 

昔師匠と話したのですが、トルコって国の立ち位置としてもよくわからないんですよね。

私はヨーロッパだと思っていたのですが、師匠は「アジアだろ」と答えたのです。

で、調べてみたら立地的には中東でした

でも本人たちはヨーロッパだと主張しているらしいんですよね(EU加入のための準備もしているとか)。

 

と言うわけで、以来の私はトルコの事を『どこの地域と言ってもいい国』だと思うようになりましたとさ。

雑談失礼しました。

 

 

 

作品はこちら

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

歩く塔のアン (syosetu.com)

 

Twitterはこちら

twitter.com

ジャーマンポテトを炒めながら考える世界

 

新じゃがが採れました。霰です。

 

f:id:M_arare490:20210917180312j:plain

 

で、早速料理してジャーマンポテトにしました。

 

f:id:M_arare490:20210917180327j:plain

①芋とベーコンを適当に切る 
②多めのオリーブオイルにニンニクと唐辛子を入れ、材料と一緒に炒める
③塩コショウを振る
④終わり! 美味い!


こうやって畑の実りを味わうのは喜びですね。美味い。

ただジャーマン(ドイツ風)ポテトって言ってますけど、オリーブオイル・ニンニク・唐辛子の組み合わせはイタリアンですね。

しかもコレ、そもそもドイツ料理じゃないんだとか(似たような料理はあるとの事)。ややこしいですね。

あと、歴史を勉強していると、じゃがいもと言えば『じゃがいも飢饉』を想像してしまいますが、これはアイルランドの事件なんですよね。

ちょっと料理をするだけで西側諸国の名前が三つも出てくるのは面白いですが、この芋がとれなくなっただけで大飢饉が起こったというのだから恐ろしい話です。

食事が安定して摂れるのは有難い事ですね。

 

本ブログで紹介しているⅢクロの物語は今、食料どころか水の確保すら難しい荒野の世界『境界』のお話が進んでいます。

いよいよ第三の勇者が動き出し、『双子姫』編も佳境に近づく本編は昨日更新です。

旧話の追記修正も少しずつ進んでいるので、続きをお楽しみに!

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

 

 

 

Twitterはこちら

twitter.com

カフェイン<副作用

 

最近、仕事以外は寝て起きての霰です。

今日は久しぶりにいつものお店↓に行ってきました。

うさぎ色の黒い雫 - 霰の制作日誌 (hatenablog.com)

 

f:id:M_arare490:20210916195442j:plain

 

で、いつものようにコーヒーを飲みながら作業したのですが、咳止めの薬の作用でやはり眠い。

元々私はお茶ばかり飲むタイプだったので、そもそもカフェインがあまり効かないのか地獄の眠気を味わう羽目になりました。

流石に立って仕事をしている間は何とかなりますが、座っている時に油断をすると船を漕いでしまいます。

三食ごとに薬を飲んだ直後は大体そうなるので、しばらく街歩きとかは控えた方がよさそうですね。

あと禁酒

食べ物がおいしい今時期に酒が飲めないのは地味に辛い……。

焼き鳥とかそのまま食べてもいいんですけど、ああいう居酒屋料理にはどうしても麦酒が欲しくなるのが飲兵衛の性って奴でして。

いつまでもコーラやらジンジャーエールやらでごまかさないといけないのがしんどい所です……。

 

そんな中でも何とか書き上げ、Ⅲクロは本日更新です。

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

体調が戻るまで、ブログの方はこんな感じのうっすい内容になると思いますが、毎日更新は続けていくので暇つぶし程度にお楽しみください。

そんなわけで今日はこれにて。

 

読者様方もいい夜を。

 

 

 

Twitterはこちら

twitter.com

貰った薬がよく効いたという話

 

眠すぎてサボらないだけで精いっぱいな霰です。

……いや、こういう時こそサボることを覚えるべきなんだろうけど、せめて日記の一つも付けなければ。たとえつまらない文であっても……。

 

ここ一月止まらない咳に煩わされてきた私ですが、昨日大病院で診てもらい、薬をもらったら大分よくなりました。

やっぱり市販薬よりクリニックですね。具合が悪い時は素直に病院行くに限ります。

 

f:id:M_arare490:20210915201630j:plain

 

ただまぁ、眠い

確かに咳は止まりますが副作用でめちゃくちゃ眠くなります。体質の相性もあるのかもしれないけど。

飲んでる間は車の運転を控えろと言われましたが、確かにこれは危険。

何とかⅢクロは今週中に上げますが、今日のところは脱落です。

 

それでは皆様いい夜を。

 

 

 

作品はこちら

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

歩く塔のアン (syosetu.com)

 

Twitterはこちら

twitter.com

気まぐれ制作日誌 Ⅲクロ メイア編

 

咳が長引きすぎて精密検査を受けてきた霰です。

とりあえず結核とかそういうのじゃなくてよかったけど、薬の効き目が強いのでさっさと日課をこなしてしまわねば眠ってしまいます。

 

今回は久しぶりのⅢクロ人物紹介。

現在連載中の第二部の主役『双子姫』。

その片翼、『姉勇者』ことメイアちゃんです。

物語にもそうですが、作者にも大きな影響を与えてしまった罪な女の子。

後述しますが彼女がプロットを超えた動きをしたおかげでこっちは調整が大変なのです

 

何はともかく本題。

 

メイア

第二部の舞台である無尽の荒野『境界』。

その地に昔から住まう開拓者、アントンとその妻シオリの娘で、双子のお姉ちゃんです。

気弱でおどおどした感じの女の子ですが、『恐怖の黒騎士』である彼↓と同様、勇者としての非常識な怪力を持ちます。

気まぐれ制作日誌 Ⅲクロ イクト編 - 霰の制作日誌 (hatenablog.com)

 

大目的……小目的と共になし(まだ勇者として何をするべきなのかもわかっていない)

 

妹のソレルちゃん共々にまだ十歳の双子ちゃん

魔界と王国の争いに無縁な境界で平和に暮らしていたため、この世界に起こっている危機について自覚がありません。

それも魔族の流民であるサリアに懐き、姉妹分のように慕っていたため人間・魔族間の壁も彼女ら一家には無関係。

開拓者の娘として物心つく前から家畜や畑と触れ合ってきたため、生き物が大好きな優しい女の子です。

そんな彼女は本編開始前に境界の野盗『騎士団』に襲われており、サリア母子とソレル、そして母のシオリと分断されてしまいます。

なのですっかり怯えて物語でも目立たない……と思いきや、彼女は初登場時に勇者の怪力を以って野盗を返り討ちにしてしまっています

しかもぶっとばした野盗を自ら治療し、彼らに慕われて『お嬢』呼ばわりされ、無自覚に従えてしまっています

 

いや、ここまでは予定通りだったのですが、この状況がクローズアップされるのはリズちゃんとサリアちゃんが家に辿り着いてからになる筈でした。

なのですが彼女が助けた野盗が思いのほか働いてしまい、団長のオグマさん諸共物語の前線の一角で動き出す感じになってしまいました。

実は彼女には後でドロップアウトするような鬱展開が用意されていたのですが、訳ありな大人の集まりである『騎士団』のおっちゃんたちのおかげで精神的な支柱ができ、ちょっと人格が歪む感じじゃなくなってしまったんですよね……。

いい(悪い?)人生の先輩が周りにいると、何か思いもよらなかったシーンがちょろちょろと出てきて書きながら戸惑っている次第です。

体調不良もありますが、最近更新が捗らない理由はそれが主ですね。

 

ただ、代わりに妹のソレルちゃんの周囲が不穏な感じになりはじめ、何故か物語の大筋は変わっていません。

展開が変わらない割に作者にも思いもよらない出来になりそうなので、今後の展開をお楽しみに!

 

私自身もちょっと楽しみなので、妥協せず、そして焦らずにちょっとずつ進めていきます。

 

 

 

前回:気まぐれ制作日誌 Ⅲクロ エリザベート編 - 霰の制作日誌 (hatenablog.com)

 

作品はこちら

Ⅲ勇者クロニクル ~第Ⅰの勇者『黒騎士』~ (syosetu.com)

歩く塔のアン (syosetu.com)

 

Twitterはこちら

twitter.com